真性包茎は重大なリスクがあるので必ず治療しよう!

真性包茎は、「病気の一種」という位置づけだとのこと。
重大なリスクがいくつもあり、手術をする必要があるようです。

 

手術をするには、病院の泌尿器科なら、健康保険が使えます。
でも泌尿器科の手術は問題が多いので、
きちんと専門クリニックで手術を受けたほうがいいようです。

 

セックスは不可能ではないが問題は多い

真性包茎は、亀頭がつねに皮がかぶったままになっているそうです。
手で剥こうとしても剥くことができないのだとか。

 

そうであっても、セックスは不可能ではないようです。
射精もでき、真性包茎であっても子供を作っている人は、いるそうです。

 

でも問題は、多いとのこと。

 

まず、亀頭がつねに覆われているわけなので、亀頭への刺激が少なく、
あまり快感は得られないようです。

 

また亀頭のカリの部分が露出していませんから、女性にたいする刺激も少なく、
女性も、あまり快感を感じることができないとのこと。

 

さらにセックスの最中、突然皮が剥けてしまうこともあるのだとか。
すると激痛の上出血をともない、とてもセックスどころではなくなるようです。

 

病気を引き起こす可能性が高い

真性包茎の大きな問題は、病気を引き起こす可能性が高いことみたいです。
亀頭が皮でつねに覆われていますから、そこに恥垢がたまり、
細菌が繁殖するのだとか。

 

その細菌が、ペニスの炎症を起こしたり、尿道を通って体内に入ることで、
尿路感染症などになることもあるそうです。

 

性病も起こりやすくなり、また最悪の場合、陰茎がんになることもあるとのこと。

 

さらに問題なのは、その細菌がセックスにより女性にも感染すること。
子宮内膜症になったり、また最悪の場合、子宮がんになる可能性もあるそうです。

 

実際子宮がんになる女性は、パートナーが包茎であることが多いようです。

 

包茎手術はクリニックでするのがオススメ

包茎手術は、真性包茎の場合には、病院の泌尿器科で手術をすれば、
健康保険が適用になるそうです。
その場合、自己負担分は2万〜5万円くらいなのだとか。

 

ただし泌尿器科で手術をすると、傷跡が目立つなど、
術後の見た目に大きな問題があるようです。
泌尿器科は、「亀頭が皮をかぶっている状態」を改善することだけを考え、
見た目には配慮しないからなのだとか。

 

その点、専門クリニックは、見た目に十分配慮します。
傷跡も、ほとんど目立たないようになります。

 

ABCクリニックなら、費用も3万円〜ですから、
真性包茎でも、クリニックで手術するのがおすすめだと思います。