包茎手術は失敗することもある?

手術はどんなものでも、失敗のリスクはあるものですよね?
技術の低い医師が執刀すれば、それはうまくいかないのは当然だと思います。

 

なので包茎手術をする際には、技術力の高いクリニックをきちんと選ぶことが大切。
その点、ABCクリニックは、技術力の高さでも定評がありますので、
問題はないと思います。

 

でも一応は、包茎手術でどのような失敗があり得るのか、
知っておく必要はありますよね?
そこでそれを、ここではまとめてみました。

 

包茎手術はこんな失敗があり得る

傷跡が目立つ

これは「失敗」と呼べるかどうかは、たしかに微妙。
でも傷跡が目立ってしまうと、非常に残念な気持ちになるのはたしかですよね?

 

傷跡が目立つのは、病院の泌尿器科で手術した場合に多いそうです。

 

病院は、肉体的に包茎を治すことだけが目的で、
術後の見た目には配慮しないからだそうです。

 

そのため病院で手術すると、「ツートンカラー」と呼ばれる、
ペニスの中ほどで色が急に変わってしまうようなことになることもあるとのこと。

 

専門クリニックで手術をすれば、傷跡が極力目立たないようにしてくれるので、
そのようなことは少ないようです。

 

包茎がきちんと治らない

これは、皮を切る長さが足りない場合に起こるそうです。
切る長さが足りなければ、
「まだちょっと包茎」のような状態になってしまうこともあるわけですよね?

 

これは、再手術をすればすぐ治るものだそうです。
病院のミスなので、再手術にはお金がかからないことも多いとのこと。

 

皮が突っ張る

これは上とは逆に、皮を切りすぎて、
勃起すると皮が突っ張ってしまうというケースです。
通常は、きっちりと計測してから手術するので、起こることは少ないとのこと。

 

切りすぎた皮は、元に戻すことはできないので、再手術は難しいみたいです。

 

ただし人間の皮には伸縮性があるために、
しばらくすれば、症状はおさまることが多いそうです。

 

感度が落ちる

これは、「人によって起こることがある」というものみたいです。

 

ペニスは、全体が性感帯になっているのだそうです。
なので包皮も、当然性感帯の一部なのだとのこと。

 

包茎手術はそれを切るため、その切った部分が性感帯になっている人の場合、
感度が落ちてしまうそうです。

 

ただしこれは、時間がたてば、包皮の別の場所が性感帯になるものだとか。
それほど心配しなくても大丈夫らしいです。