包茎手術は保険が適用になるの?

包茎手術は、「医療行為」に当たるわけですから、
「健康保険が適用になるのか」
と考える人もいると思います。

 

これは、「病気」として認定された一部の包茎の手術については、
たしかに保険が適用されるみたいです。
ですが日本人の7割を占めるといわれる仮性包茎は、
残念ながら保険の適用にはならないとのこと。

 

ただし、保険が適用になるのは病院の泌尿器科で手術した場合のみ。

 

この泌尿器科での手術は仕上がりに非常に問題があるので、
あまり薦められないみたいです。

 

保険が適用になるのは「病気」として認定された包茎のみ

健康保険が適用になるのは、それが病気であり、
日常生活に支障をきたす場合のみなわけですよね?
その病気については、厚生労働省によって決められているそうです。

 

それによれば、

  • 真性包茎
  • カントン包茎

の2つについては、たしかに病気として認められているとのこと。

 

真性包茎・カントン包茎は、実際に日常生活に支障をきたすものだそうです。

 

真性包茎

真性包茎とは、皮が亀頭をつねに覆った状態になっていて、
手で皮を剥こうとしても剥けないそうです。
なのでペニスがとても不衛生になり、また性病の危険も高まるそうです。

 

カントン包茎

カントン包茎は、皮を手で剥こうとすれば、剥けなことはないそうです。
ただし包皮口が狭いため、剥いた皮が戻らなくなってしまったりするとのこと。

 

 

以上2つの包茎は、病院の泌尿器科で手術すれば、
保険の自己負担分のみの費用となるそうです。
ケースにもよるみたいですが、2万〜5万円くらいのようです。

 

仮性包茎の場合には、病院へ行っても健康保険の適用にはならないとのこと。
病院でも、専門クリニックとそれほど変わらない費用がかかるそうです。

 

病院での手術は薦められない

ところがこの病院・泌尿器科での包茎手術、問題が多いそうです。
術後の見た目が、汚くなることが多いそうなんですね。

 

病院での手術は、
そもそも「生活に支障がある状態をとり除く」ことが目的になるみたいです。
なので包茎手術も、「皮が亀頭を覆わなくなればいい」とだけ、
考えるとのことです。

 

なので、術後の見た目に気が使われることは、ほとんどないのだとか。

 

傷跡が目立ってしまったり、ツートンカラーと呼ばれる、
色が違う皮膚がペニスの中間で縫合されてしまったりなどするようです。

 

でも包茎手術は、ただ皮が亀頭を覆わなくなればいい、
というだけの問題ではありませんよね?

 

包茎という状態がコンプレックスになっていて、
そのコンプレックスを解消するということも、手術の目的になるはずです。

 

そういう視点は、病院にはまったくないらしいです。
なので、真性・カントン包茎の場合でも、
病院ではなく、専門クリニックで手術したほうがいいようです。

 

クリニックも、ABCクリニックなどの場合なら、
3万円〜の料金で手術できるので、それほど負担にはなりませんよね。